経済成長を続ける中国で起業

柳田 洋 氏

破竹の勢いで経済成長を続ける国、中国。中国で起業した経験から、中国で会社を設立するための心得、注意点そして魅力をお伝えしていきます。

icon_seo_cst.jpg

中国での起業に興味のある方。中国ビジネスの専門家に無料で相談してみませんか?

記事一覧

18-01.jpg

Vol.18 中国ではステップアップ、日本ではドロップアウト

ファーストナビ・中国起業も今回が最終回となりました。最終回は、中国の人たちの起業家精神についてお話します。 キャリアの最終目標は老板  中国では起業が盛んです。多くの働く人々のキャリアの最終目標は、...

17-01.jpg

Vol.17 ロールスロイスが日本よりも売れる、中国での起業チャンス

これまで中国で起業する場合の手順や注意点についてお話ししてきましたが、今回は基本に戻って「今なぜ中国で起業なのか?」ということについて考えてみたいと思います。 今の中国はビジネスチャンスの宝庫 オ...

16-01.jpg

Vol.16 中国起業の落とし穴(2)

中国ではお役人に罵詈雑言を浴びせられる、などということは日常茶飯事ですが、それでも「お役人には絶対に逆らうな」が鉄則です。また、外国人である私たち日本人の弱みにつけこんで、カネをだまし取ろうとす...

15-01.jpg

Vol.15 中国起業の落とし穴(1)

今の中国は成功のチャンスにあふれています。しかし、中国で起業すると、日本の常識からは予想もできないところに掘ってある落とし穴に落ちてしまうことがあります。そうした落とし穴に落ちないように会社を経...

14-01.jpg

Vol.14 中国企業との取引で「不払い」をなくすには

中国企業と取り引きをするに当たっての最大の問題は、不払いの問題です。商品代金を踏み倒されないためには、取引先に「きちんと代金を支払って、この会社と長期的に取り引きすることがわが社の利益にもなる」...

13-01.jpg

Vol.13 優秀な中国人人材を確保するためには

優秀な人材の確保は、中国起業の成否を問う最重要課題です。しかし、流動性が高い中国の人材市場では、優秀な人材に長く働いてもらうことは至難の技なのです。 優秀な人材の確保は中国起業の最重要課題  会社を...

12-01.jpg

Vol.12 いよいよ、中国で会社設立!

中国で行うビジネ スが決まり、信頼できる中国人パートナーも見つけました。いよいよ中国で会社を設立することになります。 会社設立手続きは中国の人にお任せしましょう  中国で行うビジ ネスが決ま...

11-01.jpg

Vol.11 北京でターゲットにすべきは確定申告者

北京で日本料理店を開く場合、ターゲットとなる客層は1万人強しかいない日本人「だけ」、というわけにはいきません。20-30万人いると言われる中国人の「確定申告対象者」に、いかにたくさん来ていただけ...

10-01.jpg

Vol.10 北京で日本料理店を成功させるポイントは?

「海外で日本料理店を経営」というと、非常にハードルが低く、日本人なら誰でもできそうな気がします。しかし、ここ北京では、日本人経営の特色を出さないと、中国人経営のお店との果てしない価格競争に巻き込...

09-01.jpg

Vol.9 物価は東京の4分の1。中国起業に必要な資金は?

中国は物価が安いので、起業に必要な資金も安く済みます。しかし、起業のコストが安いからといって、付加価値の低い事業を始めてしまうと、日本でサラリーマンをやっていたときより収入が減ってしまう、なんて...

柳田 洋からのご挨拶

起業を志すみなさんには、日本国内での起業と同時に、ぜひ、選択肢の一つとして「中国起業」を検討していただきたいと思います。なぜなら、中国は景気がよいだけではなく、市場が未成熟であるため、私たち日本人が活躍できるチャンスが、その辺にごろごろ転がっているからです。ただ、中国ビジネスの世界では、日本の常識では考えられないところに落とし穴が掘られていることがありますので注意が必要です。この「ファーストナビ・中国起業」では、そうした落とし穴に落ちることのないよう、みなさんを中国起業成功というゴールまでナビゲートさせて頂きたいと思います。


所属

北京華通広運投資顧問有限公司 総経理

 

プロフィール 

中国ビジネスパートナー会社経営。

1966年東京生まれ。早稲田大学商学部卒業後、丸紅で石炭貿易に従事。1996年より5年半にわたり丸紅北京に駐在するも、起業の志捨て難く、2001年丸紅を退社、そのまま北京に留まり、「北京華通広運投資顧問有限公司」を設立。

 

著書

著書

「起業するなら中国へ行こう!」(PHP新書)2006年