女性の起業・独立 Vol.21 失敗を乗り越えた、3姉妹のママ経営者。

女性の起業・独立
今回は、アロマテラピースクール、サロンを経営する(有)アール・アイ小池社長にお話を伺いました。

社長にインタビュー

21-1

有限会社アール・アイ

設立年月日:1995年6月7日 

【事業内容】

アロマテラピースクール、サロン経営   

資本金:600万円

従業員数:役員、社員4名、他パート

    URL:http://www.lecoeur.jp

    ブログなど:http://www.lecoeur.jp/koike

【プロフィール(生年月日・出身地・これまでの職務経験】

1967年10月20日大阪出身。

1995年(有)アール・アイ設立。同年、オーガニックカフェオープン

1999年大阪市にてアロマセラピスト養成スクール「ル・クールセラピーカレッジ」を開業

2006年東京校開校。

1:独立のきっかけ

<川崎>独立を決意したきっかけがあれば教えてください。

<小 池社長>大きなきっかけは、ないですが、強いて言えば結婚して生活をしていかないといけないので起業したという感じです。それまでさまざまな職種、職場を 経験しましたが私はどうもレールを敷かれた環境では仕事が出来ないタイプみたいです。自分でレールを作っていくのが性に合っています。

2:独立して良かったこと・後悔したこと

<小 池社長>最初の事業として始めたカフェが1年半でつぶれてしまった時は後悔というかショックでしたが、それ以降は後悔したことは一度もありません。良かっ たことは、自分の人生を自分でデザインできる環境が手に入ったこと。小さな子どもを育てながら会社経営をするためには今の環境しか考えられません。

<川崎>オフィス探しはどうされましたか?

<小池社長>当初1年は知り合いの方の持っている物件を安く貸していただきましたので助かりました。10坪強ぐらいでした。その後、オフィスを1ヶ所ずつ増やし、今のオフィスは3室で40坪弱あり家賃は30万ほど。保証金は200万程度です。

 

<川崎>起業準備の中で最も苦労した点はどのようなことですか?

<小池社長>今ほど起業が取り上げられる時代ではありませんでしたので、書籍などを参考にするぐらいしかしていません。有限会社設立の準備に少々苦労した程度でしょうか。ヴィジョンも目標もなく起業してしまったので今思えば失敗は当然だなと思います。

 

<川崎>社長として常に社員やお客様に対して心がけている事はありますか?

<小池社長>対等に接することです。上下関係のなかでは本当の意味での信頼関係を築くことは難しいです。社長がどれだけ目の前にいる相手と同じ目線に立てるかが、社員やお客様の信頼を得られるかに大きく影響すると思います。

 

<川崎>お忙しいかと思いますが、プライベート面は充実されていますか?

<小 池社長>プライベート面は大変充実しています。4歳の双子と0歳のベビー、3姉妹の母親として忙しいながらも毎日楽しく生活しています。今は乳児がいるの で5時に帰宅。11時ぐらいに就寝というパターンです。家事は夫と半分ずつ。夫にどれだけ家事、育児に関わってもらえるかが女性起業家には重要ポイントで すね。

3:起業される方へのメッセージ

<川崎>これから起業される方にメッセージをお願いいたします。

<小 池社長>私もそうでしたが、特に女性は直感と夢だけで起業する方が多いです。しかし経営の道のりは険しいです。ひとりよがりの経営ではなく、相談やアドバ イスを受けながら、会社を客観的に見るように心がけ、とにかく自分を信じる心とあきらめない精神力で乗り切ることです。

 <川崎>ありがとうございました。

参考リンク:女性起業